転出に伴う行政関係の主な手続き

・印鑑登録の廃止

・国民健康保険の資格喪失

・児童手当受給自由消滅届

・介護保険の資格喪失

・後期高齢者医療制度の資格喪失

・公立の学校の転校(転出)

・幼稚園、保育所、認定こども園の転園

・原動機付自転車の廃車

 

転出届け手続き

転出届は、転出の14日前から提出することができます。

現在住んでいる役所の市民課・住民課の窓口で転出届を行い、転出証明書を発行してもらいましょう。同じ市区町村内に引越す場合は必要ありません。

引越しの1週間前までには、手続きをするとよいでしょう。何度も役所へ足を運ばなくても良いように、準備をして効率よく手続きを済ませましょう。

■ 転出手続きに必要なもの

●本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)

●転居する全員分のマイナンバーカード(もしくはマイナンバー通知カード)

●印鑑

●印鑑登録証

●新住所のわかるもの

●国民健康保険証(加入している方)

●後期高齢者医療被保険者証(お持ちの方)

●介護保険被保険者証(お持ちの方)

●子ども医療費助成受給券(お持ちの方)

※自治体によって異なる場合があるので、事前に問い合わせてください。

各市町村の役所の問合せ先

■ 手続きする人

引越しをする本人、世帯主、または本人と同一世帯の人

※代理人が転出届を提出するには、委任状が必要です。

 

 

転入に伴う行政関係の主な手続き

・マイナンバーカード等の住所変更

・印鑑登録

・国民健康保険の資格取得

・介護保険の資格取得

・国民年金の住所変更

・児童手当認定請求書

・後期高齢者医療制度の資格取得

・公立の学校の転校(転入)

・犬の登録事項変更届

・原動機付自転車の登録

・運転免許証の住所変更

・車庫証明の申請

・自動車の変更登録

・自動車検査証の記載事項の変更

・自動車税の住所変更

 

転入届け手続き

転入届は引越し後14日以内に提出します。

引越し日後14日以内に手続きを行わないと、過料(罰金)が課される可能性がありので、できるだけ早く行いましょう。

■ 転入手続きに必要なもの

●本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)

●印鑑

●転出証明書

●転入する全員分のマイナンバーカード(もしくはマイナンバー通知カード)

●外国人住民の人は、転入者全員の在留カード、特別永住者証明書または旧外国人登録証明書

●後期高齢者被保険者証(お持ちの方)

●介護サービスを受けている方は、前住所地等の役所が発行した書類(お持ちの方)

●公立の小・中学校に在学中のお子さまがいる場合は、前校から交付された「在学証明書」等の転学書類

※自治体によって異なる場合があるので、事前に問い合わせてください。

各市町村の役所の問合せ先

■ 手続きする人

引越しをする本人、世帯主、または本人と同一世帯の人

※代理人が転入届を提出するには、委任状が必要です。